見守る事が重要です

男の人

うつ病の方との接し方では、基本的に普段通り接した方がうつ病の方にとっては気持ちが楽なのです。その際に、うつの原因となった事柄は、意識的に話題等からは外します。そして自分からやる気を出すまで見守って、成功体験をさせてあげる事が重要だという事です。

体調の変化を見逃さない

看護師

うつ病というのは2年以内に再発しやすい病気でもあります。周囲は再発を疑うサインをキャッチできるようセンサー的役割を果たすことが大事です。そのため、日ごろから体調を気遣うなど寄り添う接し方でコミュニケーションを取っておくことが重要になります。

他人事ではありません

病院

接する時の注意点

うつ病と聞くと他人事のように思えるかもしれませんが、現代社会においては他人事では済まされない病気です。正確なデータは出ていないものの、今では十人に一人が発症、または発症した経験があると言われています。ですから同じ会社やクラスメートの中に一人や二人はうつ病を発症している人が居ると考えても過言ではありません。ですからうつ病の人との接し方についてはみんなが理解しておく必要がある時代になっています。うつ病は言うまでもなく心の病気ですから、相手がどう接してくれるかによって病気は良くなることも、悪くなる子もあるのです。うつ病の人との接し方で最も重要なのは、相手がうつ病だという事を受け入れるという事です。うつ病になるとみんなが普通に通っている学校や会社に通えなくなり、家に引きこもるため。怠け者のように思えますが、そんなことはなく、本人は必死に戦っています。学校や会社に来られないのは心が疲れているからだという事を受け入れ、理解してあげることによって患者さんの心はとても楽になります。あまり復帰を促すのではなく、本人の意思に任せることが重要です。通えてない場所の話題を本人の前で話すことも控えておいた方が良いでしょう。接し方に関しては話す時の声のトーンにも気を付けたいところです。気持ちが常に沈みがちなので、あまりに元気なトーンで話しかけられると、話しかけてきた相手と自分との気持ちの差に打ちのめされ気分が余計に落ち込みます。話しかける時は声量を抑え、優しい口調で話しかけるようにしましょう・そして、場合によっては人と話す事さえ苦痛になることもあります。確かに相手に自分の心情を離すことは重要ですが、患者さんが自分から話そうともしないのに無理に話しかけるようなことはしないようにしましょう。患者さんとの接し方に関して特に注意しておかなければいけないことがあります。うつ病の患者さんは基本的にまじめで責任感の強い人がおおいため、会社でも画工でも限界まで頑張ったうえに病気を発症しています。そんな頑張り過ぎて疲れた人に対して頑張れと励ますのは胸をナイフで刺しているようなものです。また、強い自己否定に陥っていることも多いので、患者さんを否定するような言葉を投げかけるのも禁物です。患者さんが話し出したら、聞き役に徹するようにしましょう。特にアドバイスなどが無くても話を聞いてくれる相手が居るというだけで心はかなり楽になるものです。また、世間の目を気にして室内に閉じこもりがちになりやすいですが、太陽の光は症状の改善に効果があると言われているので、たまには一緒に外出すると良いでしょう。

方法論は多く存在している

男性

うつ病時の接し方で大切なことは、慌てすぎずまずは十分に話をきくことで、そして、栄養と休息が何より大切な要素ということになります。研究も進んでいて、すばらしい画期的な方法論も時代ごとに多く発表されています。

復職を急ぐ同僚には

医療

うつ病で休職している同僚と以前から仲良かった場合には、復職を焦っているような相談を受けることもあります。その理由を確認し、真意をくみ取ることは大事ですが、接し方として正しいのは対応窓口を決めることです。責任者にきちんと対応してもらいます。